ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

検索

芦別大辞典

頭文字(イニシャル)別
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  すべて
あしべつじけん

芦別事件

1952年7月29日、国鉄「根室本線」の「芦別駅」と平岸駅間の線路がダイナマイトで爆破される。
1953年3月、2名が火薬類取締法違反、窃盗、爆発物取締罰則違反、列車往来危険の罪などで逮捕・起訴される。
一審ではA被告に懲役5年、B被告に懲役一年が言い渡される。
控訴中にA被告が死去。二審ではB被告に無罪が言い渡され、その後確定する。

その後、国家賠償訴訟が民事訴訟として提訴される。
一審は原告勝訴、国・検事個人に対しても不法行為を認めて賠償を命じた。
二審の札幌高裁は1973年8月10日、原告勝訴を取り消し、請求を棄却。
最高裁は1978年10月20日、上告を棄却した。

この事件は冤罪事件として司法関係者では有名となる。
参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
copyright © 2008- 芦別info & (design)copyright © 2004 PetitOOps! chatnoir